第161回(2001年5月分)「ISO14001(環境マネジメント)キックオフ!」

2013.08.28

6月からISO14001取得に向かって「紙」の分別回収が始まります。「白い紙」「色のついた紙」「ダンボール」「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分類して、捨てる時には重さを量ることになっています。

これは、省資源の取り組みの一つの例ですが、とにかく会社が資源を浪費しないような仕組みを作ります。そして各部門でそれぞれ目標を設定し、手順をルール化した上で社員一人ひとりが日々それを実行していきます。その成果を評価して、良ければ更に一歩進んだ状態を目指しますし、目標が達成されなければ問題点を抽出して改善に取り組みます。いわゆる計画(P)、実行(D)、評価(C)、対策(行動)(A)のサイクルをぐるぐる回すクセをつけて良い方向に進もうというわけです。

「何んや面倒臭いことばっかりやなぁ」「かえって時間のロスや」と思われるかもしれませんが、長い目で見れば、時間のロスを埋めて余る今まで気づかなかったロスの削減につながるはずです。そして更に、大きな期待できる成果はP.D.C.Aのサイクルを回す仕事の仕方が身につくことです。皆で真剣に取り組み会社体質改善を達成しましょう。

«  | 一覧 |  »

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ