データ入稿について

(1)完全版下データとは

アイプリコムにおける完全対応できる版下データは、以下のアプリケーションを使用し作成されたデータとなります。

レイアウトデータ

Illustrator及び、InDesignを使用し、フォントのアウトライン化を行ったデータ

画像データ

原寸、解像度400dpi、CMYKモード、EPS形式の画像データ

(2)DTPアプリケーションによる完全版下データ入稿について

対応アプリケーション

Adobe Illustrator 8.0/9.0/10.0/CS/CS2/CS4
Adobe Photoshop 5.5/6.0/7.0/CS/CS2/CS4
Adobe InDesign 2.0/CS/CS2/CS4

Adobe製品については、文字データは全てアウトライン化が必要です。
画像データにつきましては、原寸サイズ、解像度400dpi、CMYKモード、EPS形式となります。
AdobeCS5以降につきましては、非対応となります。(ただ今検証中です)

(3)Officeアプリケーション及び一太郎による文字データ入稿について

対応アプリケーション

Office 2000/2003/2007
一太郎 Ver10以降

Office2007については、文字コードなどの互換性の問題がありますので、事前に使用環境や書体についての打ち合わせが必要となります。

(4)Officeアプリケーション及び一太郎によるレイアウト活用について

対応アプリケーション

Office 2000/2003/2007
一太郎 2005

一太郎2007は非対応となります。
レイアウト変換ソフトを使用しますので、事前に、使用書体等の打ち合わせが必要となります。

(5)デジタルカメラデータ入稿について

デジタルカメラは、400万画素数以上の機種をお使いください。400万画素で、官製葉書の大きさの印刷物を作成することが可能です。
オジリナルのJPEG画像をご提供ください。撮影後、画像の加工を行ったものは鮮明さが落ちますのでご注意ください。

(6)書体について

対応モリサワ書体

新ゴ L/R/M/U
リュウミン L/M/H/U
じゅん 101/34/501
新正楷書体 CBSK101
中ゴ BBB
太ゴ B101

オープンタイプフォント対応となります。

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ