第157回(2001年1月分)「デジタルカラー印刷時代へ」

2013.08.23

昨年末以来カラーオンデマンド(必要な時に必要な量だけ)のデジタル印刷機を導入すべく、オフセット印刷並のカラーマッチングが再現できる「XEROXのドキュカラー」について種々テストを重ねてまいりました。更に、XEROXに対抗して同じような機械を製造しているキャノンの「PIXELMAX」新機種についてもテストをして比較検討しているところです。

新製品開発競争は、大会社間においてもとても熾烈(しれつ)です。私達は、それらを生産財として活用して一般顧客のニーズを引き出して、それに応えていかねばなりません。有効な用途は多岐にわたります。デジタル時代には、生産設備を持つか持たないかが重要なのではなく、すばやくどういう用途に活用するかを見出し、お客様にアピールしなければなりません。弊社では、まだまだスピードも遅いし、用途開拓もなかなか目立った成果が上がっておりません。この問題点を私以下社員の皆様が全員一丸となってチャレンジしていきましょう。

«  | 一覧 |  »

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ