第115回(1997年7月分)「猟奇的な事件続発と報道」

2013.06.21

当月は異常な事件(神戸・月ヶ瀬村)の犯人が身近な所で逮捕され、そのことが連日報道されています。神戸の事件では、犯人が中学生であり、名前も明らかにされません。そして、そのことが大きな社会問題化しています。

TVや新聞・雑誌等の報道関係者が、視聴率や購買部数稼ぎの為に、取材合戦をやりすぎ、そこまで調べなくてもとか、一体何回同じ事を繰り返し報道するのかという気がするのは、私だけでしょうか?異常なことを異常すぎる頻度で取り上げて、犯人以外の犯人(原因)探しをするフリをして、実は異常な事件をネタに楽しんで(?)いるようにすら感じるのですが…。

とにかく、被害者やその遺族のことを思うととても辛い気持ちがします。又、隣人同士が多少うるさくても、あるいは付き合いが面倒でも、お互いもう少し関心を持ち合って生活している社会の方が、健全な社会を形成できるのではと思ったりしています。

«  | 一覧 |  »

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ