第48回(1991年12月分)「ブッシュ米大統領が町に来る!」

2013.03.21

来年1月7日にはアメリカのブッシュ大統領が、新ノ口に開店する「トイザラス」というオモチャ屋さんを見学がてら激励にくるそうです。早くも機動隊の人達が警備をはじめ、私の自宅には「周りに不審な人はいませんか」という内容のチラシが警察から郵送されて来ました。いつものことながらVIP(Very Important Person)が来ると警察関係者はもちろん、我々その地域で生活する者にもたいへん不便な迷惑なことがおこります。しかしこれもそういう脚光を浴びる場所に生活するマイナスの恩恵かもしれませんね。

この「トイザラス」になぜブッシュ大統領がわざわざ来るのかというと、日米構造協議でいろいろ日本の経済システムの閉鎖的なところ(アメリカの立場からは公平でない点)を、アメリカが指摘した中に大規模店舗(スーパー)の出店を規制する法律がありました。それが緩和された成果として、アメリカ企業の「トイザラス」が初めて日本に出店できたのです。だからブッシュ大統領が開店のお祝いにかけつけるという絵がつくられたわけです。
かつて日本の首相が欧州でトランジスタラジオの「セールスマン」と酷評されたことがありましたが、今度のブッシュ大統領はアメリカの自動車会社の社長連中を連れてアメ車の売り込みに来るようです。
昔のソ連といい、アメリカといい、ドイツといい、どの国も大変な問題をかかえています。日本がそれらの国に比べるとずっとマシな方なのでしょう。他の人や他の国に世話になるより、他の人や他の国を世話できる人間であり国でありたいものだとつくづく思います。そのためには、いつも他の人や他の国よりも一層の努力が必要なことはいうまでもありません。このことは、我々の会社においても全くあてはまることです。他の人を他の会社を世話できる存在価値のある会社になりたいものです。

«  | 一覧 |  »

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ