第16回(1989年4月分)「バタバタして、利益を上げる」

2013.02.06

社員の皆様には、3月・4月と肉体的・精神的に限界まで頑張っていただきありがとうございました。

仕事というものは妙なもので、忙しい時にはどんどん集中してきます。会社の設備も人間も最高に忙しいときを基準にしていませんから、当然のこととして、残業・外注等という形で処理せざるを得ません。
ところが忙しい時は、外注先も忙しいし外注価格も高くなり、お客様へ納品はしたけれど社内には何も残らないというケースがよくおこります。
やはり基本は、「社内の生産を増し、しかも効率を上げる」、「トラブルなどによる損失をなくす」ということです。
この2点が欠けると「忙しいけれど会社には利益が残らない」、「バタバタしてくたびれ儲け」ということにしかなりません。

最繁忙期の最終月の5月を「バタバタして利益の残る月」にするよう頑張りましょう。

«  | 一覧 |  »

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ