第205回(2005年1月分)「スマトラの大津波(TSUNAMI)」

2013.10.28

年末に起こったスマトラ沖の大地震による津波の事です。犠牲者の人数が20万人を超えたと聞いて、本当にびっくりしました。津波という日本語が、そのまま世界で通用すると聞いて、またびっくりです。

真珠を売買するときに量る単位が匁(もんめ)で、これが国際取引にも使われているのと同じです。これは、真珠養殖で日本が世界をリードしたという点で喜ばしいことと思います。

しかし、TSUNAMIの場合は、日本が今までたくさんの津波を体験した国ということで喜べる話ではありません。日本が被災地の方々を援助するのは当然のことです。さらに日本独自の分野として、津波被害を防ぐためにいろいろ研究し、対策してきたことでも被災地の皆さんの役に立てばいいなぁと思います。

それにしても、改めて津波をはじめとして水の力のすごさを実感しました。この地球上では、水不足で苦しんでいる人々も多いのに本当に皮肉なことです。私は、自分が生活しているこの恵まれた自然環境に素直に心から感謝したいという気持ちになりました。

«  | 一覧 |  »

社長ブログ

印刷業界、WEB業界の今について書いています。

会長雑感300回!

前社長中西知が、毎月社員の給料袋に同封したメッセージ。

会長の漢字あれコレ

アイプリコムは漢字能力向上に熱心に取り組んでいます。

会長の中国・大連ウロウロ

大連のことならお任せくださいとはいいません。でも、いろいろ詳しいですよ!

このページのトップへ